京都観光にはレンタサイクルが最高。

京都サイクリングツアープロジェクト KCTPKyoto Cycling Tour Project

ホーム > 新着情報 > お知らせ > 熱中症予防のために

熱中症予防のために

梅雨が明けて晴天続きの京都ですが、連日35度を超える「猛暑日」が続いている中、サイクリングにおいて心配なのが熱中症です。

そこで、京都サイクリングツアープロジェクトでは、真夏のサイクリングを少しでも安心安全に楽しんでいただくべく、熱中症予防のための対策をまとめてみました。

1. こまめな水分補給
のどが渇いてなくても、暑い日は体から常に大量の水分が失われていきます。おおむね30分に一度をめどに、水分補給(主に水、スポーツドリンク)と休憩を行いましょう。

2. 走行ルートの工夫
路地裏は日陰が多く、大通りより車も少ない(=車からの排熱が少ない)ので、夏場の走行にはおすすめです。また、鴨川遊歩道の走行もおすすめです。

3. 服装の工夫
常に汗をぬぐえるようにタオルを持参し、通気性や給水速乾性に優れた衣服を着用しましょう。また、熱を持ちやすい黒や濃い色の衣服は避けましょう。あと、帽子やサングラスの着用、日焼け止めの塗布も直射日光による疲労軽減に有効です。

4. 適切なマスクの着脱
厚生労働省では、マスクが熱中症リスクを高めるとの観点から、屋外にて人との距離が2m以上保てるようであればマスクを外すよう呼びかけています。自転車で走行する場合は人との距離の確保がより容易になることから、少しでも暑さや息苦しさを感じるようであれば、マスクを外して走りましょう。

それでは、くれぐれも無理だけはなさらないように、真夏のサイクリングを楽しんでください。

 

参照

環境省:
https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/envman/3-1.pdf
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16924

厚生労働省:
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000798079.pdf

京都府:
https://www.pref.kyoto.jp/kentai/heat-stroke.html

雑誌「Bicycle Club」:
https://funq.jp/bicycle-club/article/616049/

レンタサイクルの御利用は事前のご予約が便利です。
・WEBでご予約→ レンタサイクル予約フォーム
・お電話でのご予約→ TEL:075-354-3636

レンタサイクルに関する、よくあるご質問をご覧いただけます。
よくあるご質問ページ

京都市内9か所のターミナルで御利用頂けます。
サイクルターミナル一覧
レンタサイクル車種一覧

サイクリングスポットのご紹介や、新着情報など
https://www.kctp.net/
京都を知り尽くしたガイドと行く!サイクリングツアーのご案内
https://tour.www.kctp.net/
カンパニーサイト
https://company.kctp.net/

更新日時: